近代日本と変容する阳明学

A5判 / 414ページ / 上制 / 定価:5,200円 + 税 
ISBN978-4-588-15103-3 C1010 [2019年09月 刊行]

内容绍介

幕末から明治维新、そして现在に至るまで、近代日本における阳明学は、国家における道徳、社会改革の思想、个人の修养という流れで展开してきた。阳明学が明治维新を导いたという言説が近代の阳明学の成立に深く関わることを明らかにし、さらには阳明学を学んだ者たちがどのようにして阳明学を変容させたのか、その系谱を辿り、近代日本思想史の新たな见方を提示する。

関连书籍

『圣と狂』
志野 好伸:编
『思想间の対话』
藤田 正胜:编